注意するべきポイント

スマートフォン

メリハリをつける

チャットアプリを導入することによって、プライベートと仕事のメリハリがつかなくなってしまうといったことが起こることがあります。例えば、業務時間外であってもチャットでやり取りが行われたりといった事が発生してしまうのです。チャットを利用する時には、業務時間内に限定するなどのルールを決める必要があるでしょう。

情報漏洩の危険

チャットアプリの会社を選ぶ際には、セキュリティ対策がきちんと行われているのかどうかを確認する必要があるでしょう。スマホは紛失してしまうだけで、大事な会社のデータが漏洩してしまうような危険性があるのです。情報漏洩の怖さについて充分理解しておくことが大切なのです。

既読機能によってトラブルが

チャットアプリには既読機能が付いていることが多くあります。この既読機能が付いていることによって読んでいるのに返信していないと相手に思われてしまうようなことがあり、トラブルに繋がることもあるのです。既読に関しての考え方を社内で統一するなどの工夫を行いましょう。

方向がずれてしまう事が有る

チャットアプリを利用することで会話のようにコミュニケーションができる為、会話の方向性が違う所に行ってしまうようなことが起こってしまいます。ビジネスでチャットアプリを利用するような時には、その会話の目的を意識しておくことが大切でしょう。

誤送信してしまうことがある

チャットアプリでは個人にメッセージを送ることや、グループを作ってコミュニケーションを取っていくことが可能となります。したがって、送信相手を誤ってしまうというトラブルが発生しやすいのです。

最初は戸惑うものです

チャットアプリをビジネスシーンで取り入れるということは、導入直後は戸惑うことも多いことでしょう。以下ではチャットアプリを始めるにあたりよくある疑問についてお答えします。

よくある疑問にお答えします

インターネットの接続は必要ですか?

チャットアプリを利用する際にはインターネットに接続している必要があります。クラウド版・パッケージ版共にインターネットを利用している環境であることが前提になります。

選ぶ時のポイントとは?

ビジネスシーンで利用するチャットアプリを選ぶ時には、セキュリティー面がきちんとしているかということをポイントとするようにしましょう。会社の情報が漏洩してしまうことが一番怖いことだからです。

あると便利な機能は何ですか?

チャットアプリにあると便利な機能とは、プッシュ通知の設定です。チャットアプリを利用していると、大量のメッセージが送られてくることもあります。そのため、グループなどに応じてプッシュ通知のON、OFFが出来ると便利です。

クラウドとパッケージ版の違いとは

クラウド版はブラウザを使用することによって利用することが可能となります。そのためインストールされていない端末であっても、ログインをする時だけ利用をすることができます。パッケージ版はインストールされている端末のみで使用することができるでしょう。

ビジネス特有の機能はありますか?

ビジネスで利用するようなチャットアプリでは「タスク」機能というものがついています。タスク機能を利用することによって、相手の仕事の進捗などを確認することができるのです。